環境に貢献できる仕事を

T.Yさん  2016年入社

水創り事業部・営業系
文学部 歴史学科 卒業

1日の流れ

8:20
出社
9:00
外回り(現場)1~2件程
工事立ち合い、浄化槽を埋める位置の確認 等
※複雑な案件の場合は、半日以上かかることもあります
12:00
昼食
基本外食が多い※外回りの合間時間
13:00
外回り(営業先)3件ほど
案件話、浄化槽の状態ヒアリング、世間話
16:00
事務処理
商談内容の確認、見積書作成、データ入力 等
17:20
退社

Q.職場の雰囲気は
どうですか?

名古屋営業所は事業部の中でも営業担当が多い営業所です。電話や会話が多いため、常に話し声が絶えない環境になります。分からないことや一人での判断が難しい案件などをすぐに周囲の誰かに相談できるので、すぐに問題解決ができ非常に助かっています。また個性的な人が多く、話題事に欠けない営業所です!(笑)

Q.仕事内容は何ですか?

浄化槽の営業が主になります。1日に3~5件ほどの得意先へ訪問し新製品のPRを行ったり、お問い合わせいただいた案件に対して見積書の作成を行ったりといった業務を中心に営業活動を行っています。また当社では製品の販売だけでなく浄化槽の施工も行っているため、施工前の打ち合わせや施工当日には現地で指示を出したりしています。

Q.取引先の業界・業種は
どのようなところですか?

やはり住宅関係の取引先がほとんどになります。業種としては住宅販売を行うハウスメーカーや、住宅設備を取り扱う商社であったり、上下水道工事業や土木建築工事業を営む会社とのお取引になります。決まった業界内での取引が多いため得意先で得た情報を別の得意先の営業に活かすなど営業活動がしやすい業界ではないかと思います。

Q.社内ではどのような部署と
関わっていますか?

水創り事業部では浄化槽の開発を行う部署や部品を扱う部署、アフター対応の部署や設計積算を行う部署など場面に応じて社内の様々な部署との関わりがあります。また同じ住宅系ということもあり、バンクチュール事業部と関わることもあり、同一物件の中で浄化槽とユニットバス両方の案件が見られる場合には情報共有しながら営業しています。

Q.仕事での楽しさや、やりがいは?

営業としてお客様に信頼され、頼っていただけることにやりがいを感じます。浄化槽ってなんですか?というお客様も多く、質問されたことに対して、丁寧で分かりやすい返答を行うように心がけています。適切な回答を迅速に行うことの積み重ねによってお客様から信頼していただき、結果、次の発注に繋がったときはまた頑張ろうという気持ちになります!

Q.学生時代に学んだことは、
どのように仕事に
活かせていますか?

学生時代には中国古代史を学んでいましたが、それが直接仕事に関わってくる場面は少ないです。ですがお客様との会話の中で雑談用の知識として役に立つこともあり、話の引き出しとして役立っています。また、営業所内ではキングダムという秦の時代をテーマにした漫画が密かに流行しており、社内でのコミュニケーションにも一役買っています!

Q.ニッコーとして
自慢できることは?

浄化槽は下水道と比較すると知名度が低く、製品的価値の評価がまだまだ足りないと感じています。「汚れた水をきれいにする」ことは言葉にすると簡単で当たり前のように感じてしまいますが、生活するための基盤として人々の生活を支えるための製品を作っていること、水を浄化し環境の改善に貢献していることは自慢できることだと感じています。

一覧へ