より精度の高い
設計を目指して

M.Hさん  2018年入社

環境プラント事業部・技術系
バイオ・化学部応用科学科 卒業

1日の流れ

8:20
出社
9:00
朝礼・メールチェック、新規依頼の確認
10:00
営業との打ち合わせ、積算・作図業務
12:00
昼食
13:00
新規依頼の確認
14:30
積算・作図業務
16:00
社内会議
17:00
翌日の業務内容の確認、案件の納期確認
17:20
退社

Q.職場の雰囲気は
どうですか?

職場は普段落ち着いた雰囲気です。座席が同じ部署で固まっているため、上司に仕事の相談がしやすく、仕事の合間に雑談もします。分からないことがあれば優しく丁寧に教えて貰える環境です。また、営業の方とも仕事上で関わりが深く、仕事以外のプライベートな相談にも乗って下さります。居心地の良い職場だと思います。

Q.仕事内容は何ですか?

大型浄化槽の積算・図面作成が主な仕事です。浄化槽が正常に汚水を処理できるか、施工が十分に可能であるか、維持管理がしやすいかなど様々な事に注意を払いながら設計を行っています。基本的には営業担当者がお客様から要望を聞き、それを基に設計を行いますが、設計担当者も営業に同行することもあります。

Q.取引先の業界・業種は
どのようなところですか?

浄化槽物件の主要な取付先は、建設会社、設計事務所、商社などです。商業施設や公共施設などの新築・改築工事の際、浄化槽の依頼をいただいています。ディスポーザ物件の主要な取付先は、不動産会社、建設会社、設計事務所などです。こちらはマンションの新築工事の際、依頼を頂いております。

Q.社内ではどのような部署と
関わっていますか?

浄化槽・ディスポーザ物件の営業担当との関わりが深いです。特に浄化槽に関しては全国各地の営業所から浄化槽の設計依頼を承っています。依頼内容との齟齬が生じないよう、こまめに確認の連絡を行っています。また、設計の際に施工・維持管理の相談が必要な場合は、施工管理部や維持管理部門との打ち合わせ等も行います。

Q.仕事での楽しさや、やりがいは?

自分で設計・作図した浄化槽によって綺麗な水の保全に貢献できることにやりがいを感じます。設計には、浄化槽の構造や水処理の知識に加え、土木工事や配管工事など様々な知識が必要となります。こうした知識を日々学びながら、お客様の要望を満たした設計ができた時に達成感を感じます。

Q.学生時代に学んだことは、
どのように仕事に
活かせていますか?

学生時代は化学を専攻していたので、水処理に関する知識を学ぶ際に化学の基礎知識が役立っています。一方で、製図に用いるCADの使い方や土木工事などの知識は学んでいませんでしたが、OJTによって徐々に習得することができました。実務は学生時代の知識だけでは行えないので、入社した後も自ら進んで勉強をし続けることが大事だと思います。

Q.ニッコーとして
自慢できることは?

全国各地に営業所があり、幅広いエリアで取引を行っていることです。北の盛岡営業所から南の広島、高松営業所まで15ヵ所あり、各地で商談が行われています。また、近年はベトナムなど東南アジアの浄化槽事業に注力しており、日本国内のみならず国際的にも水環境の保全に貢献しています。

一覧へ