未知なる分野へ日々挑戦し続ける

T.Kさん  2008年入社

陶磁器事業部・技術系
工学部 材料物性工学科 卒業

Q.職場の雰囲気は
どうですか?

思ったことは言いやすく、上司は部下の意見を聞いてくれる風土です。仕事中は業務の話がメインですが、時々雑談をすることもあります。各自与えられたテーマの元で仕事を進めていますが、同じ職場内では情報共有もできています。昼食も職場のメンバーと一緒にとっており、男女や年齢問わず仲が良いと思います。

Q.仕事内容は何ですか?

『新技術開発』、『製造不具合改善』が主な仕事です。技術部門では陶磁器製品を創る全ての工程を幅広く知ることが出き、一人に任される仕事も製造や上市に直結することが多く、非常にやりがい・面白みがあります。新技術を開発することにより、新商品の割合を高め、製品の歩留まりを改善することも、技術課の大きな役割です。

Q.学生時代に学んだことは、
どのように仕事に
活かせていますか?

研究室で得た知識というよりは、何に役立つか分からずに勉強した基礎学問の知識が、現在の仕事である陶磁器製品の性質を知る上で役に立っています。研究室での学びで活かせている事は、報告書や資料を相手に分かりやすくするためにどう作成したらよいか?ということのように感じます。専門的なことは入社してから、勉強していってください。

Q.ニッコーとして
自慢できることは?

日本で大手の洋食器メーカー3社のうち、日本でのものづくりにこだわっている洋食器メーカーはニッコーだけであり、この点が自慢できる点です。また、ものづくりを自社で全て行っており、自社で全行程を手掛けているため、陶磁器製造工程の一から十までの全てを知ることができる点も自慢できる点です。

Q.仕事での楽しさや、やりがいは?

陶磁器業界は経験者の方が圧倒的に少なく、未経験な人が多いです。技術職は、『新しいことに挑戦し、問題が起これば知恵を出し解決する』職場です。上記の事が苦にならなければ、やりがいのある仕事であると思います。未知なる分野への挑戦ができる人であれば、仕事をすることに大きなやりがいを感じてもらえます。

1日の流れ

8:20
出社
ラジオ体操、朝礼
9:00
試験品評価、打合せ
10:30
製品不具合解析
12:00
昼食
12:40
試作品評価結果の対策試験
15:00
技術開発業務
17:20
退社

一覧へ